2007年12月05日

パレスチナ人はどこにいても自分たちの状況を伝えている。皆さんは…

さて、ついに集会当日の模様をお伝えするときが来ました。
 
 12月1日、東京の文京区春日にある文京区民センターには、100名あまりの人たちがファトヒさんの言葉を確かめに集まってきました。実行委員会では180部の資料を作成していたので、それと比べるとちょっと集まりは少なかったのだけれど、それでも話をじっくり聞こうという参加者たちの思いは会場にあふれたように思います。
 
 集会は司会の開会の挨拶のあと、主催者代表からのこの集会を開催するにあたっての経緯についての話から始められました。
 今年2007年は国連によるパレスチナの分割決議から60年、そして第三次中東戦争によってヨルダン川西岸・ガザ回廊を含むパレスチナ全域がイスラエルによって占領されてから40年の年となります。この歴史的な節目をパレスチナに国際社会の目を向ける契機にしようと、パレスチナでは170団体が連名した対イスラエル・ボイコット(BDS)キャンペーンが呼び掛けられ、世界中からそれに呼応する声があがっています。そうした動きに繋がるものとして、大阪の「パレスチナの平和を考える会」が呼び掛け、そしてこれに日本全国8都市の人々が応える形で、今回のスピーキング・ツアーが実現しました。そのような経緯を紹介したあと、主催者代表よりファトヒ・クデイラートさんが会場の参加者に紹介されました。彼は1967年生まれ、つまり彼の半生はすべてイスラエルの占領の下にあったわけです。

  *   *

IMG_0106.JPG 
  
 主催者に対する簡単な謝辞のあと、ファトヒさんは語り始めました。
 「近所に新しい人がやってきたら、水を用意してあげなさい」──そんな彼の村のいいつたえを枕にしつつ、彼はまずは村について語ることから話を始めました。民族浄化に晒されているかのような過酷な状況だという彼の日常を、東京の生活ですべての駅が検問所だったら、など話し手の日常感覚に訴えるような例えを交えながら語っていきます。そうした検問所をパレスチナの人々は車を降りて越え、運転手は衛兵の前で裸になって怪しい者でないことを明さなければならなりません。ウェディング・ドレスにタキシードの新婚カップルも、もちろん徒歩です。
 ヨルダン渓谷の農民は、塹壕などの物理的障壁によって自らの耕作地に行くことを拒まれ、不耕作地の没収とユダヤ教徒に限定した転売という手段で土地から切り離されて生きます。農業や生活のための用水からも、同様にして排除されます。そうした様々な迫害と収奪は、ばかばかしいことに文書で示されます。ファトヒさんは言います、「皆さんもこの書類を撮って、日本のイスラエルの大使館に『これがあなたの国の正式な書類か』と聞いて見て欲しい」。

  *   *
  
 つづいて家の話。オスロ合意によってB地区と定められた地域のなかにひしめき合うパレスチナ人の街区に比して、1つの家族がそのすべてのパレスチナ人の土地の総和よりも大きいというような、あからさまな環境の違い。そしてつつましい家も、補修の権利さえないような劣悪な状況にあるだけでなく、家屋破壊にさらされる。2005年の6月には、4時間で22軒の家が破壊されるような事例もあったそうです。
 そのようなパレスチナの状況に対して、国際社会はどうなのか。「パレスチナ人はどこにいても自分たちの状況を伝えている。皆さんにも果たすべき義務があるのではないか?」穏やかながらも、強い口調で彼は私たちに言いました。
 
(つづく)


posted by in東京 at 02:12| 集会の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

占領の前からここに住んでいるし、これからも住んでいく

(承前)そのような過酷な状況のもとにあっても、渓谷の人びとはこれに向き合って頑張っているという。今年からは、ベドウィンたちの家の破壊を止めさせるための、国際的なキャンペーンを開始し、トニー・ブレア(元イギリス首相)をはじめとして、ILO関係者や各国大使らをコミュニティに招いて視察をさせたそうです。日本の駐イスラエル大使も、2度も訪問しているそうだから、渓谷に暮らすパレスチナ人の立場に立った行動をとるよう、ぜひとも働き掛けて欲しいと思う。
 こうした取り組みをもってしても、入植地の拡大のために土地の必要なイスラエル当局は家屋破壊や、水タンクの没収をやめないのだそうです。これらの破壊の結果、パレスチナ人のコミュニティとイスラエル人の入植地の暮らしぶりは、同じ土地の上のちょっとした距離の差を疑わせるほどの違いを見せています。

  *    *
  
 ファトヒさんたちのユニークな取り組みのひとつとして、学校建設の話がありました。「軍事閉鎖地域」では、一般家屋の建設・補修もさることながら、公共施設である学校の建設が認められない結果、渓谷に暮らす子どもたちはたいへんな遠距離通学を強いられているといいます。そしてそうやって通う学校も、決して平穏な場ではありません。時として武装した兵士が子どもたちを銃口で威嚇します。しかし子どもたちは負けずに学校に通うということです。
 そうした教育環境を改善しようと、無校村での学校建設プロジェクトがイギリスのグループの支援で続けられているそうです。ただの建設ではありません。破壊されてもダメージのないように、土地で採れる粘土からできる日干しレンガを積み上げてつくる学校。そんな学校が08年初頭には開校するそうです。

  *    *
  
 学校の建設は、パレスチナ人のコミュニティ破壊という、イスラエルの占領政策への挑戦の一歩です。しかし占領政策は破壊の位相以外にも、さまざまなかたちでコミュニティを蝕んでいます。そのひとつが食品資本カーメル・アグレスコ社の進出などに見られる、イスラエル企業によるパレスチナの地場の第一次産業の圧迫と労働搾取です。またそれら企業に農作物を供給する入植地では、児童労働さえもが横行し、無保険・低賃金で働かされる子どもも多いといいます。パレスチナの農産物は検問封鎖で出荷の時期を逃して打ち捨てられ、一方でイスラエルの産品は世界中に12時間以内にデリバリーされています。そうした環境のもとで、生活を締め上げられて声も上げられない、声をあげないことで占領は続くという悪循環が続くのだと、ファトヒさんは淡々と語り続けました。

  *    *
  
 ファトヒさんは最後に、有名な「分離壁」の問題について、ちょっとだけ触れました。高さ9mの壁は、すでに420kmが完成。パレスチナの主要都市はすでにその包囲のもとにあり、ナブルス、ラーマッラー、エリコなど、パレスチナ人の名だたる都市には検問を通らずには入れない状況だということです。しかし今日の話を通して聞いて見て、その壁の問題は重要でこそあれ、占領の問題の本当に外縁に過ぎないということが、よくわかりました。
 こうした状況におかれているパレスチナ人が300万人、その中にさえ入れずに離散している人びとが500万人。しかし多くの人びとは今も占領の前から同じところに住み続けているし、これからも住んでいくだろう──雄壮な、というのとはまた別の、もうちょっと腹にこもったような力強さをこめて、ファトヒさんは講演をこう締めくくりました。

  *    *
  
 集会はここで中休みをはさみ、その後質疑へと移りましたが、その紹介はこのブログで扱うには長すぎるので、また別の機会にさせていただきます。
 この中休みには、フリー・ジャーナリストの小田切拓さんがほんの数日前に撮影し、ファトヒさんに託して日本に持ち帰ってもらった、貴重なビデオの上映もありました。占領当局によって開発の進むハイウェイの周囲。かたやパレスチナ人の村落へと続く道は整備も悪く、またそうして辿り着いた集落は、遠方の入植地とくらべて際立って家々が密集している──上映時間はわずかとなってしまいましたが、ファトヒさんのお話で思い描いたものを像として結ばせるような、そんな一コマでした。これもまた、別の機会に紹介できればと思います。

  *    *

 この紹介でお伝えした、ヨルダン渓谷の模様については、ファトヒさんの所属する「パレスチナ反アパルトヘイトウォール草の根キャンペーン」のサイトでも、写真で紹介しています。

Demolitions in the Jordan valley
The Occupation's Expulsion Policy in al-Hadidiye
 
posted by in東京 at 02:10| 集会の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

集会が終って……カンパ報告

画像 150.jpg

 私たちの東京集会の翌日、広島での講演会をもってファトヒさんの長いツアーは終わりました。そして12月5日の晩、関西空港から日本を発ち、パレスチナ・ヨルダン渓谷へと戻られました。
 東京の私たちの集会を、そしてツアーを支えて下さった皆さん、ありがとうございました。

 さて集会については、先にお送りした報告でご覧いただけましたでしょうか。つたない報告なのでなんですが、後日何らかの形で今回の記録を発行できたらと考えております。その際は本サイトにてご紹介させていただきます。

 話は変わりますが、集会にご参加くださった皆さまに、遅ればせながらカンパの報告です。ファトヒさんの活動を支えるため、会場ではカンパを呼び掛けさせていただきました。ファトヒさんの話が非常に印象的であったこと、司会の方からカンパに関して案内が出来たことなどから、カンパへの反応は非常に良く、総額は若干の調整のための追加的なカンパ(千円前後)を加えて、結果6万円を集めることができました。募金いただいた皆さま、本当にありがとうございました。この貴重なカンパは当日の晩のうちにファトヒさんに直接手渡すことができました。

 ファトヒさんからは、このカンパを皆さんがご覧になったあの学校の建設に充てたいこと、またこのカンパによってこの集会に参加した人びとも今夜を期にこのプロジェクトの参加者になったのだという言葉とともに、カンパへのお礼の言葉をいただきました。

 お話にもありましたように、学校を建設し、守っていく道は、非常に険しいようです。この先も日本から注目していきたいと思います。

FASIL SCHOOL WORN (1).JPG
posted by in東京 at 01:51| 集会の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実行委員会を解散します……会計の報告

 集会もひとまず無事に終わったということで、この集会のために結成しました「ファトヒ・クデイラートさんスピーキング・ツアーin 東京・実行委員会」も、解散したいと思います。ご支援・ご協力ありがとうございました。
 最後に実行委員会を閉じるにあたって、簡単に会計の報告をさせていただきます。
  収入=17.1万円
  支出=11.0万円(準備費2.5万円・集会経費3.8万円・その他4.5万円)
差引6.1万円の黒字で終えることができました。ご賛同いただきました方がたをはじめ、みなさんありがとうございました。
 この黒字につきましては、2.0万円を招聘団体へのカンパに充てる以外は、本集会の報告作成のために一時運用させていただきましたのち、全額をファトヒさんの活動を支えるためのカンパとして送金させていただきます。
 その際にはあらためてこの場にてご報告させていただきます。
posted by in東京 at 11:00| 集会の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後もパレスチナからの声に、耳を澄ませてください

 ファトヒさんが講演のなかや懇親会の場などで託された私たち日本の聴衆への要望として、ヨルダン渓谷情勢をはじめとしたパレスチナ情勢への注目を持続するための、本実行委でつくられたネットワークの維持ということがありました。
 しかしながら、この1日の集会を共に担うという合意のもとに結成されたこの実行委員会の性格を考え、集会後の解散は止むを得ないという結論に至りました。ご支援・ご協力、ありがとうございました。

 しかしながらこの集会をつくるために集まった個人や団体は、今後もパレスチナからの声に耳を澄ませながら活動を続けていく予定です。皆さんも今後の私たちの活動、そしてファトヒさんたちパレスチナの人びとの声に、ぜひご注目ください。
 
 本ブログはこれにて更新を休止させていただきます。

2007年12月26日
ファトヒ・クデイラートさんスピーキング・ツアーin 東京・実行委員会

■賛同団体
アジア太平洋資料センター(PARC)
アジア連帯講座
ATTACJapan
アムネスティー・インターナショナル日本
新しい反安保行動をつくる実行委員会
在日本韓国YMCA
日本パレスチナ医療協会(JPMA)
ピースボート
ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉

■招聘団体
パレスチナの平和を考える会

そしてファトヒ・クデイラートさんも参加する……
The Palestinian grassroots Anti-Apartheid Wall Campaign
posted by in東京 at 11:03| ファトヒさんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。