2007年12月26日

今後もパレスチナからの声に、耳を澄ませてください

 ファトヒさんが講演のなかや懇親会の場などで託された私たち日本の聴衆への要望として、ヨルダン渓谷情勢をはじめとしたパレスチナ情勢への注目を持続するための、本実行委でつくられたネットワークの維持ということがありました。
 しかしながら、この1日の集会を共に担うという合意のもとに結成されたこの実行委員会の性格を考え、集会後の解散は止むを得ないという結論に至りました。ご支援・ご協力、ありがとうございました。

 しかしながらこの集会をつくるために集まった個人や団体は、今後もパレスチナからの声に耳を澄ませながら活動を続けていく予定です。皆さんも今後の私たちの活動、そしてファトヒさんたちパレスチナの人びとの声に、ぜひご注目ください。
 
 本ブログはこれにて更新を休止させていただきます。

2007年12月26日
ファトヒ・クデイラートさんスピーキング・ツアーin 東京・実行委員会

■賛同団体
アジア太平洋資料センター(PARC)
アジア連帯講座
ATTACJapan
アムネスティー・インターナショナル日本
新しい反安保行動をつくる実行委員会
在日本韓国YMCA
日本パレスチナ医療協会(JPMA)
ピースボート
ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉

■招聘団体
パレスチナの平和を考える会

そしてファトヒ・クデイラートさんも参加する……
The Palestinian grassroots Anti-Apartheid Wall Campaign
posted by in東京 at 11:03| ファトヒさんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。