2007年11月03日

12月1日の東京講演、ご参加ください!

[集会名称]壁≠フ向こうに、耳を澄ませる
       ─パレスチナ・ヨルダン川西岸〈占領地〉からの声
      [ファトヒ・クデイラートさんスピーキング・ツアーin東京]
[集会日時]2007年12月1日(土)開場18時・開始18時30分(終了21時)
[集会場所]文京区民センター 3A会議室
      (所在地)東京都文京区本郷4−15−14
      (交 通)東京メトロ丸の内・南北線「後楽園」駅から徒歩3分
           都営地下鉄三田・大江戸線「春日」駅・A2出口直上
           JR中央・総武緩行線「水道橋」駅より徒歩15分
[資料代]1000円


 「彼らは自分のことを支配者だと考えています。しかし、私たちは奴隷ではありません。パレスチナ人として、私たちは生き延びてきました」─パレスチナの北ヨルダン渓谷に暮らす、ファトヒ・クデイラートさんの言葉です。かんきつ類の果樹園をもつ家庭に生まれた彼は、地元で農民として働き、農民組合を率い、村長も務めたなど、この地に根ざして暮らしてきました。その彼が日本に来て、私たちに語ります─生き延びてきたパレスチナ人として。
 いまから六〇年前の一一月、国連すなわち国際社会は彼らの故郷を二分する線を引き、その一方をユダヤ人国家とする決議をしました。その決議を銃口で現実のものとしたイスラエルは、その二〇年後の六七年六月に第三次中東戦争を引き起こし、パレスチナ全土を占領しました。これを境としてファトヒさんの故郷は「軍事閉鎖地域」とされ、多くの人びとが脅迫のなかで追放され、我が家を破壊され、作物や動物を養い自らを潤す水を奪われ、移動の自由を奪われてきました。その一方で、イスラエル政府の政策的な援助のもと、多くのユダヤ人入植地が作られてきましたが、その農場の潤沢な水で育った果物は、今も日本の私たちの食卓にも上ります。毎年この時期に果物屋さんの棚に並ぶ「スウィーティー」は、そのうちのひとつです。
 激しい放火とともに、完全武装した兵士、重厚な戦車の群れが、人びとの暮らす街に襲いかかってくること。あるいはその生活を顧みることなく分け隔て、延々と築かれるコンクリートの塊。私たちはそうしたものの姿をネットワーク回線の向こうに見つけ、時として怒ります。しかし、羊に与える水がない、果樹園にむかう道がない、明かりを灯す電気がない、そのような日常のなかで淡々と続く状況に、ヨルダン渓谷に暮らすファトヒさんたちと同じような思いを抱くことは、どのくらいできてきたのでしょうか。
 「中東で日本ができるのは金もうけのための話だ」(二〇〇七年八月一五日、麻生外相〈当時〉、訪問先のエルサレムで)─私たちもこの寒々しい言葉に付き従うのでしょうか? 私たちは、分離壁の非人道性にも、ガザや西岸、レバノンで繰り広げられた戦争にも、小さくこそあれ声をあげてきました。しかし、今、そこで続く占領という不正義に対しては、どうだったでしょうか? 
 「イスラエルに対してあなた方は一体何回、その、占領地における国際法違反や人権侵害に対して抗議したことがあるのか教えてほしい」─このように語る彼の声に耳を傾け、私たちのなしうることをともに考えましょう。

posted by in東京 at 02:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。