2007年11月21日

ファトヒさん、自らを語る

 ビラやWebにも、ファトヒさんの紹介を簡単に載せていますが、もうちょっと知ったほうが話を聞きたい気持ちも深まるかと思います。
 
 ということで、来日するにあたってファトヒさんが語った、セルフ・ヒストリーについてのみ、先行的にお伝えしたいと思います。その他のお話は、当日のお楽しみに……

………………………………………………………………………………

 私は、1967年に、ヨルダン渓谷北部のバルダラ村という小さな村で生まれました。

 12歳になるまで6キロ離れた学校まで通っていました。夏も冬も朝早く家を出て、夕方に家に帰りました。その後、高校卒業後、ヨルダンの大学に進学し、司書と通訳の勉強をしました。さらにその後、アメリカのオンライン大学で勉強を続けました。アルクッズオープン大学でも勉強しました。

 そうして、9年間パレスチナの外で勉強し、働いた後、1994年にパレスチナに帰りました。当時、オスロプロセスが始まっていましたが、それは人々を満足させるものではありませんでした。

 帰国後、私は自分のコミュニティで働きはじめました。家の農地があり、海外での経験があったこともあり、コミュニティ活動を始めました。まず、パレスチナ農民組合を作りました。この組合は、自治政府に認可された、北部ヨルダン渓谷で最初の農民組合の支部となり、私は組合の議長になりました。さらに、私は、村の評議会議長、地域評議会議長になり、2006年まで勤めました。

 1994年から2006年にかけて多くのパレスチナの市民運動に関わり、地域のために活動することが、私の生活の中心となりました。

 1996年、私たちは日本からごみ収集車を受け取りました。それはジェリコ以外のヨルダン渓谷の村で最初のごみ収集車でした。村の中で誰も車を運転しようとしなかったので、村の評議会のメンバーで車を運転することにしました。私が車を運転し、他の2人のメンバーが村のごみを収集するのを手伝いました。私たちは3ヶ月間働きました。

 その後、ストップ・ザ・ウォール・キャンペーンに加わりました。トゥルカレム地域で壁の建設が始まったとき、一人の人間として、このことは非常に大きな問題だと思いました。最初、「壁」の計画を聞いたときは、この計画はうまくいかないだろうと思いましたが、実際に「壁」の建設は始まりました。そこで、私たちはキャンペーンを始め、メディア、デモ、国際社会への呼びかけなどを行いました。「壁」によって、まさに屋根のない監獄に人びとは閉じ込められています。私はすべての人が「壁」に反対するべきだと思います。なぜなら、「壁」は人間性・国際法・自然の摂理に反するものです。……


posted by in東京 at 00:19| ファトヒさんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

12月1日の東京講演、ご参加ください!

[集会名称]壁≠フ向こうに、耳を澄ませる
       ─パレスチナ・ヨルダン川西岸〈占領地〉からの声
      [ファトヒ・クデイラートさんスピーキング・ツアーin東京]
[集会日時]2007年12月1日(土)開場18時・開始18時30分(終了21時)
[集会場所]文京区民センター 3A会議室
      (所在地)東京都文京区本郷4−15−14
      (交 通)東京メトロ丸の内・南北線「後楽園」駅から徒歩3分
           都営地下鉄三田・大江戸線「春日」駅・A2出口直上
           JR中央・総武緩行線「水道橋」駅より徒歩15分
[資料代]1000円


 「彼らは自分のことを支配者だと考えています。しかし、私たちは奴隷ではありません。パレスチナ人として、私たちは生き延びてきました」─パレスチナの北ヨルダン渓谷に暮らす、ファトヒ・クデイラートさんの言葉です。かんきつ類の果樹園をもつ家庭に生まれた彼は、地元で農民として働き、農民組合を率い、村長も務めたなど、この地に根ざして暮らしてきました。その彼が日本に来て、私たちに語ります─生き延びてきたパレスチナ人として。
 いまから六〇年前の一一月、国連すなわち国際社会は彼らの故郷を二分する線を引き、その一方をユダヤ人国家とする決議をしました。その決議を銃口で現実のものとしたイスラエルは、その二〇年後の六七年六月に第三次中東戦争を引き起こし、パレスチナ全土を占領しました。これを境としてファトヒさんの故郷は「軍事閉鎖地域」とされ、多くの人びとが脅迫のなかで追放され、我が家を破壊され、作物や動物を養い自らを潤す水を奪われ、移動の自由を奪われてきました。その一方で、イスラエル政府の政策的な援助のもと、多くのユダヤ人入植地が作られてきましたが、その農場の潤沢な水で育った果物は、今も日本の私たちの食卓にも上ります。毎年この時期に果物屋さんの棚に並ぶ「スウィーティー」は、そのうちのひとつです。
 激しい放火とともに、完全武装した兵士、重厚な戦車の群れが、人びとの暮らす街に襲いかかってくること。あるいはその生活を顧みることなく分け隔て、延々と築かれるコンクリートの塊。私たちはそうしたものの姿をネットワーク回線の向こうに見つけ、時として怒ります。しかし、羊に与える水がない、果樹園にむかう道がない、明かりを灯す電気がない、そのような日常のなかで淡々と続く状況に、ヨルダン渓谷に暮らすファトヒさんたちと同じような思いを抱くことは、どのくらいできてきたのでしょうか。
 「中東で日本ができるのは金もうけのための話だ」(二〇〇七年八月一五日、麻生外相〈当時〉、訪問先のエルサレムで)─私たちもこの寒々しい言葉に付き従うのでしょうか? 私たちは、分離壁の非人道性にも、ガザや西岸、レバノンで繰り広げられた戦争にも、小さくこそあれ声をあげてきました。しかし、今、そこで続く占領という不正義に対しては、どうだったでしょうか? 
 「イスラエルに対してあなた方は一体何回、その、占領地における国際法違反や人権侵害に対して抗議したことがあるのか教えてほしい」─このように語る彼の声に耳を傾け、私たちのなしうることをともに考えましょう。

posted by in東京 at 02:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファトヒ・クデイラートさん略歴

 1967年生まれ。パレスチナ西岸ヨルダン渓谷北部バルダラ村出身。バルダラ村評議会議長(村長)、パレスチナ農業組合北ヨルダン渓谷支部委員長などを経て、現在、パレスチナ反アパルトヘイトウォール草の根キャンペーンのヨルダン渓谷コーディネーター。
 この間、ヨルダン渓谷において深刻な土地収用等の人権侵害を調査し、これに反対するキャンペーンを展開。同渓谷におけるユダヤ人入植地の農産物の国際的なボイコット運動を提唱・推進している。これまでドイツやイギリスなどで講演。イギリスでは、入植地の農産物の輸出を行っているイスラエル企業アグレスコ社イギリス本社の一日閉鎖行動に参加。fathi01.jpg
posted by in東京 at 00:00| ファトヒさんについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。